切手の話

基本を知って切手買取を成功させる

切手にはバラになっているものやシートのままのものなどいろいろとあります。その中で、切手買取を依頼するときには、できるだけきれいな状態で査定をしてもらうことが大切です。ちなみに、バラになっている切手よりも、シート状になっている切手のほうが価値が高いです。特に、記念切手の場合は、余白も綺麗な状態で保管されていると1枚でも数万円以上で買取をしてもらうことができます。例えば、サザーランド切手というものになると200万円もの価値があります。そして、昭和初期は年賀切手というものがあり、その時期だけ販売されていた切手があります。これは、年によって評価額が異なりますが、300円ほどから1万円ほどが相場になっています。そして、多くの切手がある中で、切手買取店によって査定額が異なるため、相場を調べてから持ち込みをするというのも手です。そして、現代の切手はバラではなかなかいい金額にはならないため、できればシートで持込をすることが大切です。

使わない切手が余ってる方、切手買取してみませんか
基本を知って切手買取を成功させる
芸能人を宣伝に起用している切手買取業者
切手買取や収集や人気が過熱をした昭和の時代
3つのサービスがある切手買取とは何なのか

切手の話